2009年07月03日

お父様はこう言うと思っていたのに・・・

まずご覧ください^^
↓↓↓

↑ここでは、さらっと証されていますが、その胸の中には、いろいろな心情を通過されたのだと思いました。
↓↓↓
私は訓読会に、完全に頭をそって、くるぶしまで隠れる長い灰色の衣を着て、手首には数珠を持って参加するようになりました。多くのメンバーは、信じられない思いに、あごが外れるほど驚いて、批判するこえは次第に強くなってきました。ある人は、私に「お父様の顔に唾を吐く」まねをしていると言い、あるいは「仏教はサタン的だ」といいました。
このような見方に触れる時に私が気がついたのは、「もしも一つの運動体として私たちがそのような観点をもつとすれば、”絶対に”世界を助けることもできなければ、癒すこともできるはずがない。世界平和に貢献することもできない」ということでした。

私は、裁きに満ちた視線を受け、お父様も息子を「正しく矯正できていない」と批判を受けておられることまでも分かりました。挑戦的な態度で反論したいという気持ちも強くありましたが、しかし憎しみは誤解をますます深めるだけであり、火に対して火でもって闘えば、さらに大きな炎となるだけであり、ただ愛の心のみが、憎しみの火を消すことができると悟りました。

実は、正直に言うと、私も、99,999パーセントのメンバーたちと同じように、お父様はきっと私の研究と仏教のような格好をしていることに対して、激しく反対されるのではないか、と思っていたのです。お父様は、キリスト教だけを唯一の真の道であると見る根本主義者であり、それゆえに仏教や道教に関心をもっている私は、破門されるのではないかとも思っていました。
しかし、それは事実とは全く正反対だったことが分かったのです。お父様は、私が宗教に深く関心をもっていることを非常に得意に思われ、きょうのきょうまで、宗教の研究を続けよとおっしゃるのです。このことにより、私はこのように自問せずにはいられませんでした。「もしも実の子である私が、この父を完全に誤解していたとするならば、ましてや他の人々が、いったいどれほど完全にこの方を理解できるのだろうか」と。

「はげ頭と苺」P56P〜58


統一教会は、本当に誤解の多いところだと私は思います。
マスコミも、よく統一教会のことを報道して下さっています。

残念ですが、悪いうわさばかりです。
私も、そうじゃないのに・・・なんてよく思います。
反対派の方の心無い言葉に憤りを感じることもありますが、”ただ愛の心のみが、憎しみの火を消すことができる”なのです。

統一教会の教えは、素晴らしい内容だと思っています。

統一教会は、良いことを沢山していますよ。
何故、それを報道してくださらないのでしょうか?
視聴者も、世界に貢献している部分も見たいと思っているのではないでしょうか?
たぶん、(統一教会=悪の団体)という式図は、もうあきあきしていると思います。

最近、感動の〜なんていう番組が沢山ありますよね。
私たちは、良くないニュースは毎日たくさん聞いています。
だからこそ、感動するよいドラマや、ニュースが、どれほど本当は欲しているかしれないと私は思います。

統一教会を調べれば調べる程、良いことが出てきて、大変かもしれません^^

私は、根本的に人間は、”善”を好む生き物だと思っています。
重箱の隅をつつくのではなく、もっと、根本的な、本来意味している事に目を向けて欲しいと願います。

統一教会は、世界平和の為に外部の団体とジョイントしてさまざま社会運動を行なっています。その中の1つである、GPF-Japan 2009.3.1)を紹介します。
↓↓↓


★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------


posted by はっぴー at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | はげ頭と苺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。