2009年07月01日

祝7・1節

今日は7・1節です^^
統一教会の記念日の一つです。

昨日、主人がきれいなお花を用意してくれました。
私よりとてもお花好きで、仕事場の自分のデスクにもよく自分で飾っていたそうな^^

それにしてもきれいですね。
撮ってみました。
↓↓↓
PA0_0303.JPG

神様の創ったもので、私の好きなものベスト5には入ります。
ちなみに1位は赤ちゃん。2位はチョコレートだったりします*^^*

posted by はっぴー at 12:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アインシュタイン

アインシュタインによる「相対性理論」(E=mc2)、すなわちエネルギー=物質という理論は、科学界を驚愕させました。
けれども、それよりももっと驚くべきことは、彼は自分のことを、深く霊的な人間であるととらえていたということです。

これらの物理学界の先達は、私たちが存在しているかどうかも知らない事柄について解明するために、命を捧げていった人たちであり、また私よりもはるかに多くのことを知っている人たちですが、その彼らが深く深淵な霊的生活を営んでいたということです。「何か私にはまだ分かっていないが、神という観念を正当化できる何かがあるに違いない」と考えたのです。

もしも量子(Wikipedia)物理学が正しければ、宇宙エネルギーというものは”存在する”ということになります。というのは、すべての物質は分子からできたおり、その分子は電子、陽子中性子やその他の亜原子的存在によって構成されており、そしてそれらは、量子によって構成されているからです。
今まで、常に耳にしてきた「万有原力」というもの、それはどこにでも遍在していて、すべての存在に形態を与え、しかもそれ自体が形状を与える”存在”であるという。これが正に正しい概念であったという実証を、初めて認識できる形で明白に見ることができました。これは非常に驚きました。

もしも、これが正しいということになれば、私が成長しながら遍在する神について聞いてきた事柄も正しかった、ということになるーしかも科学的に。

「はげ頭と苺」P51〜P53

私は、実は、理数系です。
と、いっても頭は悪いですけど・・・。
科学的に・・・なんていうと、少しワクワクしてきます^^

昔は科学と宗教は別物と思っていましたが、この世が、本当に神様が創ったとするならば、科学で証明できないことはないと思います。
科学は、この宇宙、3次元の世界の法則や仕組み、原則を解いているものだからです。

今や、5次元の世界が存在するかもしれないと証明されつつあると聞きます。つまり、霊界の存在の解明です。→そーむの独り言のブログ

科学は、神様を否定するためにあるのではなく、神様の姿を明らかにするためのもの、自分自身を知るためのものだと思います。

科学を探し求めてきた宗教と、宗教を探し求めてきた科学とを、統一された一つの課題として解決することのできるその時が、今この時代、やってきていると思います。


★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | はげ頭と苺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。