2009年07月22日

一億ドル

一億ドル欲しくないですか。一億ドルがあれば、経済的な自由、あるいは安全を、または保護を得ることができます。さらに、これであなたは安心して他者を助けることに、もっと専心することもできます。

きょう、あなたは一億ドルを手に、この場を去ることができます。しかしその前に、たった一つあることをしなければなりません。 ーあるささいな、小さなことです。それが何なのか知りたいですか。



それでは言いましょう。あなたがしなければならないことは、これだけです。まず、息を六十分間、止めてください。それが済んだら、一方の手に一億ドルと、もう一方の手には呼吸用の空気を置きましょう。さあ、あなたは、どちらを選びますか。

私がこの質問をすると、一人の例外もなく、誰もが呼吸できる空気のほうを選ぶと答えました。「でも、どうしてですか」と私は聞きます。「一億ドルが欲しかったんじゃないですか」。

ここではっきりしたことは、一回の呼吸は、一億ドルよりも価値があるということでした!一呼吸、一呼吸が賜物です。 −通常、あまりにも私たちが気づかない神聖なる祝福。この世の中に入ってきた時に、私たちは一番初めに何をしますか。息を吸うことですね。死ぬ前の最後にやることは何ですか。息を吐くことです。

分かりますか。ゆえに一回の呼吸でも、私たちは全生涯の価値を呼吸しているのです。呼吸をせずにいれば死んでしまいます。それなしで生き延びることができません。それは、私たちの存在にとって、そこまで根本的なものです。

問題は、私たちがこの驚くべき賜物である呼吸をしながら、その時に、この賜物の驚くべき価値に気がついているかどうかです。私たちは、誰かが高価な賜物をくれる時には感謝しますが、私たちが呼吸をするたびに、神様がいかなる高額のお金をもってしても代えられない賜物を下さっていることに、気づかずにいます。

もしも、私たちが呼吸のような実に根本的なものから感謝を始めるとすれば、相対者や子供たちに対して真に感謝することは、もっとたやすいことではないでしょうか。

私たちが、百年たてばもうここにはいないということを悟れるならば、人生における本当に価値あるものを優先することができるようになるでしょう。

「はげ頭と苺」p142p〜144

一億ドル・・・欲しいですね^^:
お金はあると便利なのかもしれませんが、なくても良いものです。
まして、死後の世界には持って行くことができません。

呼吸は、できなくなると人生終りを意味します。

最低限のお金があれば、健康第一で、それから、何に価値を置いて生きていくのかが、問題になっていきます。

大金持ちで、大きな家で、ピカピカの車で・・・・。
それがなくても生きていけます。
心の中は、心がけ次第で、もっとも〜っと裕福になれます。

誰かの悪口をいう暇があったのなら、もっと、大事なものは、沢山あると思います。

本当に大事なものって、目に見えないもので、本当に、極身近で、呼吸のように知らず知らずに当たり前で、気にも留めることがあまりないものなのかもしれませんね。
神様も、自然すぎて、近すぎて、気づけないだけだと思います。

普段気づけないものを見る、心の目をやしなって、
もっと感謝の心で生活していきたいです。

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------

posted by はっぴー at 00:44| Comment(1) | TrackBack(1) | はげ頭と苺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

完成の八段階

お父様はよく、完成の八段階の話しをされます。
私たちは普通、これを階段のように一つ一つの段階として考えがちです。だから、私たちは、「私は、まず最初に個人的段階をやって、それから家庭段階に移って、そして氏族、社会、国家から世界、天宙、そして神様に至る」というように言う傾向があります。

お父様が完成の八段階の図を書かれるのを見ると、決して階段のような描き方をされたことはありません。常に、それを何重にも重なる同心円として描かれます。このことは、何を教えてくれるのでしょうか。実は、円は一つしかないのです。

だから、私たちが個人として求める幸福は、究極的には私たちの家族に属する個人のすべてが求める、正にその幸福なのです。私たちが願うその平和は、ほかならぬ私たちの社会が、国家が、そして世界が願う、正にその平和なのです。私たちが慕い求めるその愛は、ほかならぬ神様が体験したかった、正にその愛なのです。

私たちは普通、方法手段と目的を分けて考えます。一方が他方をもたらすというように、二つの異なった存在として見ます。しかし、それは狭い理解です。私たちは内心で、「ようし、あと五段階だけ行けば平和に到達だ」、あるいは「幸福に到達だ」、「愛に到達だ」などと思ったりします。しかし、もしもこのような考え方をすると、平和は常に逃げていくことでしょう。

その各ステップにおいて私たちは、平和そのものに「成」らなければなりません。そうすれば、それを追いかける必要は、もはやありません。平和は既に、ここにあるからです。

精誠の「誠」の字を覚えていますか?⇒関連記事
「あなたの語る、その言葉の実体と成れ」でしたね。ですから、私たちが”平和”を語るならば、私たちが”平和の実体”に成らなければならないのであり、”愛”を語るならば、”愛の実体”に成らなければならないのです。そのほかも同様です。

正にこれこそが、お父様の特性を描写した、この深淵な文字のもたらす大いなる希望です。そして、この文字は、お父様自身が、最も重要で、私たちがその意味を理解しなければならない中心的な字だと、私に直接語られたものです。

私たちは、そこに、世界平和と調和を現実的に実現する可能性を見ることができます。

「はげ頭と苺」P139〜P141

「誠」の文字は、
聖地の山へ登って、もしも、神様の心情を感じ一文字で要約し、かつ具体化するとすれば、どのような文字になるだろうかと尋ね求め、最終的にお父様に尋ねられ、帰ってきた答えでした。
神様に対する、一つの基準となり、また、継続して神の世界に戻っていく契機となるような、そういう一文字を見つけたかったものです。

求めて求めて求める。これは、問題がありました。
そのものに、成る。
完成の八段階、各ステップに成っていく。
成る事自体が、とても難しいものですが、私の人生は、生きている意味は、人生の中で成し遂げていく内容は、正に、ここにあると思います。

漠然としていたものが、なんだか少しはっきりしてくると思います。
私の人生、何のために生きるのか。

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------

posted by はっぴー at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | はげ頭と苺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

「他のために生きる」こと

お父様は、「教えの確信は、ほかでもない、他のために生き、あなたの真の自己を見出せということである」とおっしゃいました。

通常、私たちは、”真の自己”というものは自分の中にあると考えているために、自分を取り囲んでいる世界から自分を切り離して考えます。そうすると、私たち自身が独島のような存在になってしまうのです。 −世界の縮小体(小宇宙)でありながら、皮肉なことに世界から孤立してしまうのです。

これが残念なことに、自分自身に対する(”真の自己”を含めて)存在論の歴史的な認識のあり方でした。しかし、ちょっと180度の方向転換をしてみましょう。私たちの”真の自己”を他の中に見てみましょう。そうしたらどうなるでしょうか。さて、実は非常に驚くべきことが起こります。

そうすると、私たちが周りの世界から孤立しているのではなくて、実は共存の関係にあり、しかも責任があるということが分かってきます。そして、私たちが他を傷つける時には、自分自身を傷つけている −心の中にある毒や憎しみによって私の自己が傷つくー という事実が分かるようになり、この「責任がある」という言葉の意味を、個人としての責任の場合とおなじように理解できるようになります。
またそうすることにより、私たちは、もっといろいろつながっており、もっと多くの共通要素をもっていて、私たちは、結びつける連結性があることが分かるようになります。

私たちは、もはや世界を自分と別のものとしては見ず、自分に直結されたものと見るようになります。
だから、苦しむ世界を見る時に、それを自分と関係ないものと見ることはできず、自分の痛みとして、自分の飢えとして、自分の苦しみとして見るようになります −神様の苦しみさえも、私自信の苦しみとして。

これが、真の主人意識ということです。

他者のために生きるという”選択”をすることにより、本心の愛に由来する内的な強さによる自信を得ることができます。私たちは、自分の自由意志で他者に仕えることを”選択”しました。 ー弱さや無力感からではなく、強さという立場から、このような展望をもった時に、私たちは真実に、”他のために生きる”という生き方をすることができます。

「はげ頭と苺」p128〜135

ただたんに、”ために生きる”と、口では言ってみても、実際は、どうなのか。
やらねばならぬ。いやいやする。やれば、いいことあるだろう。
なんて思ってために生きようとしていなかったか・・・。
それはもちろん、続かないですよね^^;;;;

他の中に本当の自分がいると思えば、他人事にはできません。
食物や愛、そして命に飢えている子供たちに、私自信を観るのです。”私”こそが、その子供なのです!
自分のことのように、他の人々を同じように心配してあげ、世話してあげ、愛してあげる。

心から、それも極自然にできる時、本当の意味でために生きることができるんですね。

意識の仕方、考え方しだいで、今までの自分の人生が、まるで違う人生のようになってしまうなと感じました。
もちろん、良い方向にです。
自然とそう思える自分に成って生きたいと思いました。



★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:18| Comment(3) | TrackBack(0) | はげ頭と苺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。