2009年06月30日

私は、この方の心からの笑いと、赤ちゃんのような目がほほえんでいるのを見ました。私の息子を胸に抱えて、ゆっくりと前後に揺すっておられる姿の中に、その優しさを見ました。その傷だらけの腕を伸ばして、愛と慈悲の心で御自分の死を命令した男を、兄として抱擁されるその姿の中に、輝く光彩を見ました。
それは驚くべき赦しのメッセージであり、文字どおり、神聖な慈悲の心です。自分を殺害しようとした人間を許すだけでなく、愛するということは、実践しようとするには最も難しい、宗教的、かつ霊的な行為の一つでしょう。何の釈明も謝罪も求めずに、ただ純粋に、深く愛するのが、まさしくお父様が実践されたことでした。
敵を許すだけでなく、あえて言えば、愛することさえできる、ということが分かるならば、どれだけ心が豊かになるでしょうか。私たちは、愛のほうが憎しみや恨みよりも何倍も強力であり、かつ永続するということを理解できれば、自由が得られます。
私は自分自身に、このように尋ねてみざるを得なくなりました。「いったい自分は、どんな憎しみや恨みを心に抱いているのだろうか」と。

「はげ頭と苺」P46

敵。
敵にもいろいろあると思います。
まさに自分を殺害しようとする敵。
そしてもう一つ。
それは自分の中にある、ねたみ、嫉妬、傲慢、名声などの内なるサタンという名の敵。

堕落性が染み付いている自分に対しての憎しみもあると思います。
心と体がバラバラで、良いことをしたいと思ってみても、実行に出せない自分。
愛することが、なんのためらいもなくできる事は、とても自由で、開放された心の世界であると感じます。

その境地に達するには、まだまだ自分自身、足りないものなのだと悔いるばかりです。
もっと前進していけれるように前を向いていきたいと思いました。

”何の釈明も謝罪も求めずに、ただ純粋に、深く愛するのが、まさしくお父様が実践されたことでした。”
言葉だけではなく、自らが常に実践してこられ、そして今もなお、神様、全人類のため、先頭を歩まれています。
↓↓↓
世界に拡がる統一教会・統一運動の検証

最後に、Global Peace Festival のテーマソング「One Family under God」です。
↓↓↓


とてもきれいで、心があらわれ、自信がなくても、弱い自分であっても、少しずつでも頑張っていこう!と思える大好きな歌です。

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:53| Comment(0) | TrackBack(1) | はげ頭と苺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。