2009年06月01日

【感じて知る神様】

「神様がいる、神様がいる」というのは言葉だけではないのです。
原理を通じて主体と対象の関係を中心として見る時に、神様は不可避的にいなければならないという立場ではなく、神様は私が考える前にいたのです。
私のすべての感覚、私の一切を主管する天ではないかという立場なのです。
それを認識することが何よりも重要な問題です。
知って認識するのが原則ではなく、認識して知るようになっているのです。
私たちは寒ければ寒いというのを知って感じるのではなく、寒いことを感じて知るのではないですか。
これと同じように神がいらっしゃるなら神がいらっしゃることを皆さんが感じなければなりません。
細胞で感じなければなりません。
その境地が問題なのです。
言い換えれば体恤(たいじゅつ)的立場をどのように私たちが確定するのかという問題、これが問題なのです。

「真の神様」P20

神様を感じて知る。
そうなればどんなに良いか。
あ、でも、こんな事がありました。

去年帝王切開で、息子を産んだのですが、その術後、傷の直りが良くなく、再手術をするのに、また入院しました。
本来なら、育児で睡眠不足なところですが、昼間だけ息子を病院に連れて来てもらって、なんとかおっぱいを飲ませてましたが、それ以外は退屈なこと。退屈なこと。
空ばっかり見て・・・。

実家は北海道なのですが、入院した頃は雪が降り始める季節でした。
なかなか曇り空が多くて、なんだか曇りが多いと、気もめいってしまって・・・。

青空が見えないかな・・・なんて思っていたら、パァッと空の真ん中だけ雲が晴れて、青い部分が見え出してきて、私の願いがかなった!なんて喜んでました。
次元は低いのですが、少なからず、神様を感じました。
早く元気になって、赤ちゃん育てなきゃ!って力がわいてきましたよ。

ただの偶然と言われてしまうかもしれませんが、白い病院の壁の中にひたすら寝てるしかない私にとって、どんなに救いだったことが。

自然の中に、感動する事ってあると思うのですが、どうですか?
何か大きな暖かい、安心するというか、包まれているようなそんな感じしませんか。
その時、私は神様かなといつも思います。

だからかもしれませんが、今は東京に住んでいますが、生まれ故郷に帰りたいと時々思ってしまいます。
でも、今、東京に住んでいるのは、神様のご計画があってだと思っているので、もうしばらくここに居ようと思っています^^

あ、東京もキレイな場所沢山ありますよね。
井の頭公園のさくらは見事ですし。
ジンギスカンも普通にスーパーに売ってるしわーい(嬉しい顔)

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 真の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。