2009年05月21日

【心の中心の神様】

神様はどのように愛するのかと言う時に、答えるのが大変でしょう。
神様は無形の神なのでどこでも通じることができることを知らなければなりません。
若奥様の目の中に入って心臓の中にも入って・・・。
どこにでも行かないところがないのです。
すべてに通じるのです。
それでは、神様はどこに住んでいるのでしょうか。
神様の住んでいる家は私たちの心の真ん中です。
男性の心には神様の男性的心情がとどまり、女性の心には女性的心情が入って生きるというのです。

「真の神様」P15

私の心の中心には、神様の女性的心情が入って生きている。
心の中は、良い時もあれば、悪い時もあります。
きっと、良い、前向きな心情の時は、神様がいらっしゃるかもしれません。

それよりなにより、神様は昔から私の中では、おじいさんみたいなイメージがありました。
女性的な部分もあるんですね。

男性にも女性ホルモンが、女性にも男性ホルモンがあるように、神様にも両方の性質があるんですね。
こうして考えると、少し身近に感じます。

女性同士でないとわからない気持ちや、男性同士でないとわからない気持ちも、神様はというと、両方もっていらっしゃらないと、全ての人間の事なんか、わからないと思うのですが・・・。
どうなんでしょう。

男性、女性、普遍的で、共通なものも確かにありますが。
実際、違いますよね?別な生き物なんて言われる方もいらっしゃいますから。
だから、おもしろくて飽きないのでしょうけど。

共通の部分で、(趣味とか、価値観とか)人間は、夫婦も、一つになれる。
両方わかっていらっしゃる共通の神様を中心にして。
そうしていくと、本当の意味で、人が一つになれるのは、こういったところなのかなと思いました。
posted by はっぴー at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 真の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。